『つまみ細工』とハンドメイド日記

つまみ細工、コサージュなど ハンドメイド~な日記。+日常。

私の「つまみ細工」


<スポンサーリンク>
 

江戸時代に生まれた伝統工芸の「つまみ細工」


正方形のハギレをつまんで、花びらを作り糊板へ置き 


それを組み合わせることによって花などの形を作っていきます。


舞妓さんのかんざし や 七五三、成人式の髪飾り といえば想像できるでしょうか。

 

 

つまみの種類の基本は「丸つまみ」と「剣つまみ」の2種類。


そこから考えていろいろな花などを作ります。

 

 

江戸時代から伝わるつまみ細工は 糊板に置き のり でつけるのですが


私が つまみ細工をはじめるときに購入した本では ボンドを使っていました。


私が作る物もボンドを使っています。

 

 

 伝統工芸の「つまみ細工」はのり、私の「つまみ細工」はボンド。

 

 

 自分では 私の「つまみ細工」は伝統工芸の「つまみ細工」ではない

 

けれど 「つまみ細工」ではある思っています。

 

(この辺の考え方はいろいろだと思います。)

 

 

f:id:maki-hana:20160319200255j:plain

 

 

布は一越ちりめん、絹を主に使いますがその他の物も使います。

 

和服に合うものだけでなく 雑貨なども作っています。

 

 

 

私は『つまみ細工』が大好き。

 

作るのは楽しいし、出来上がったものを見ていると幸せな気分になります。

 

たくさん 作っていこうと思っています^^

 

 

そして 多くの方に『つまみ細工』というものを知ってもらいたいと思っています。

 

『つまみ細工』を知っている人 意外と少ないんですよね・・・

 

そして 作ってみたい!と思ってくれる『つまみ細工』仲間が増えるとうれしいです。